女の子を授かることを目指し、男女産み分

女の子を授かることを目指し、男女産み分けについて、本もサイトも丹念に調べて実行しました。
野菜中心の食事で女の子だとか、肉食だと男の子だなどと真偽のほどはわからないのですが、がんばってできることを全て実践しました。
そのうちに新しい命が授かり、重いつわりで食べられなかったときもサプリメントで葉酸を摂っていたためか待望の女の子を授かりました。
葉酸のサプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っていましたが、無事に妊娠初期を過ぎた頃にこれからはカルシウムも摂らなければならないと気づいて今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。

妊娠がきっかけだったのか、牛乳が合わない体質になっていたようで却って体調が悪くなってしまったのです。

その後は、血液検査で引っかかり、貧血の診断を受けて鉄剤のお世話になりましたが、それなら妊娠初期からカルシウムや鉄分が配合されたサプリメントを飲めば、苦労しないで済んだのではないでしょうか。
妊娠初期には葉酸が不足しがちと、いろいろなところで言われています。さらに、妊娠する1ヶ月前から葉酸を多めに摂った方が良いということを理解していましたか?ということは、妊娠を考え始めたときが生活の中で葉酸の摂取を心がけて欲しい絶好のタイミングです。

さて妊活を、と思ったらどのくらい葉酸が摂れているか、生活を見直してみませんか。


とりわけ妊娠中の女性ならば葉酸の摂取はとても大事です。

食材の中では、葉物などの野菜に葉酸が豊富に含まれています。主な供給源としては枝豆やほうれん草などが手に入りやすいでしょう。


ほうれん草というと葉酸と同じくらい、妊娠中には欠かせない鉄分も豊富に含んでいることで知られており積極的に食べたい野菜の一つです。大抵、女性に関してはどんな形であれ妊活をしている間は、お酒を飲まないように指導されることが普通です。それは、いつ妊娠しているのか分かりませんので女性が自分でも妊娠していると分かっていない時にアルコールの影響が胎児に及ばないようにするためです。
また、飲酒をしているとホルモンバランスは乱れやすくなり、体が冷やされるのでできるだけ妊娠しやすいコンディションであるためには注意すべきものであるためです。


葉酸は妊婦が積極的に摂るべき栄養素だと広く知られていますが、過剰摂取に気をつけないと思わぬ副作用があります。


食事がとれなくなったり、吐き気をもよおしたりなど、人によってその人の体質や摂った量によっていろいろな副作用が起きますが、最悪の場合、胎児に副作用がおきることもあるようです。葉酸は水溶性で、体内に蓄積されにくいとはいえ、くれぐれも過剰摂取にならないようにしてサプリメントなどの注意書きをよく読んで、規定の量をしっかり守らなければなりません。毎日多忙な妊活中の女性に人気があるのが妊活アプリです。



手軽に基礎体温の記録が可能だったり、排卵日の見通しを立てる事ができるなど、アプリを上手く利用すれば手間が省けて効果的です。
女性向けには留まらず、中には男性向けに作られたアプリも登場しています。妊娠しやすい日を通知する機能もあるため、最良のタイミングをそれとなく男性におしえてくれるでしょう。妊娠は母体の過ごし方や精神状態に変化を与えるので、その変化が身体にとってストレスとなり、自律神経がバランスよく働かないこともありえます。


多くの方に起こるつわりは、妊娠初期にホルモンバランスが変わることや、毒素を排除しようとすることから引き起こされるのですが、ストレスによる自律神経の不調が原因となるものでもあるようです。ビタミンとしての葉酸は、神経系の働きを整える働きがあり、そのことで結果的につわりを軽くする効果があるとされます。



生食だけでなく、料理の素材としても使われるそのクリーミーさが独特のアボカドは、他の果物や野菜と比べても、葉酸が含有量が多いのです。健康を保つ上で葉酸はいろいろと役に立っています。
貧血防止効果の他、妊娠初期から出生前の胎児に効率よく栄養を行きわたらせ発育を順調に進めるなど、生まれる前から年をとるまで欠かせない栄養素です。今まさに妊活中だという人は極力早く妊娠したいと思っておられるのではないかと思います。毎朝、基礎体温を記録したり、体を冷やさないようにするといった基本的によくされていることは以前から行っているという人も多いでしょう。
風水で言うと、ざくろは多くの実を実らすので、その絵を寝室の北側に飾ると妊娠に効果があると言われています。

可能であれば、寝室も北に位置させるとなおさらいいと言われています。